蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編/上橋菜穂子

*あらすじ*

 ロタとカンバルがうごいた!北の諸国のうねりを背に、瀕死の故国へ帰還するチャグムに父との対決の時が迫る。緒戦の犠牲となったタンダの行方を必死に探し求めるバルサ。大地が揺れ、天変地異が起こるとき、金の鳥が空を舞い、地を這う人々の群れは、ひたすらに生きのびようとする。―十年余りの時をかけて紡ぎだされた大河物語の最終章『天と地の守り人』三部作、ついに完結。(「BOOK」データベースより)

*お気に入り度*

☆☆☆☆☆

*感想*

 ああ〜遂に終わってしまった。。。 読み終えてしまうのが嫌で、ちびちびと読んでしまった。

 バルサもチャグムも、いろいろな困難を乗り越えて、またそれぞれの生活が始まるのだ。愛と勇気をありがとう!皆が幸せになれますように!

 

 

#上橋菜穂子

© 2018 sobakosan