蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 /上橋菜穂子

*あらすじ*

 再び共に旅することになったバルサとチャグム。かつてバルサに守られて生き延びた幼い少年は、苦難の中で、まぶしい脱皮を遂げていく。バルサの故郷カンバルの、美しくも厳しい自然。すでに王国の奥深くを蝕んでいた陰謀。そして、草兵として、最前線に駆り出されてしまったタンダが気づく異変の前兆―迫り来る危難のなか、道を切り拓こうとする彼らの運命は。狂瀾怒涛の第二部。(「BOOK」データベースより)

*お気に入り度*

☆☆☆☆☆

*感想*

 バルサとチャグムの二人旅。どんどん大人になってたくましくなってきたチャグムと対照的に、完全無欠だったバルサの戦いに勢いがなくなってきて寂しい。さすがのバルサもよる年波には勝てないのだなぁ。 でもでも、助け合いながらの二人旅で、本物の親子以上に強い絆ができてきて羨ましい。

 さあ、あと一息、新ヨゴ皇国を救えるのか?!ナユグの春の異変から民を救えるのか?!ドキドキしながら続きへ!

 

 

#上橋菜穂子

© 2018 sobakosan