蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編/上橋菜穂子

*あらすじ*

 大海原に身を投じたチャグム皇子を探して欲しい―密かな依頼を受けバルサはかすかな手がかりを追ってチャグムを探す困難な旅へ乗り出していく。刻一刻と迫るタルシュ帝国による侵略の波、ロタ王国の内側に潜む陰謀の影。そして、ゆるやかに巡り来る異界ナユグの春。懸命に探索を続けるバルサは、チャグムを見つけることが出来るのか…。大河物語最終章三部作、いよいよ開幕。(「BOOK」データベースより)

*お気に入り度*

☆☆☆☆☆

*感想*

 子供のいないバルサにとってチャグムは息子のような気がしているのだろう。でなければ、こんなに必死に追いかけはしないし、刺客から彼を守るために片腕を犠牲にして攻撃に転じようなどと考えるわけがない。本物の親子以上の愛情だ!

 かつて皇太子になんか戻りたくないと言っていたチャグムが、今や国や民の幸せを考える立派な皇太子に成長しているのは、うれしい気持ちとは裏腹に、離れていってしまうことを思うとバルサにとってはちょっぴり寂しい気持ちかな?

 

 

#上橋菜穂子

© 2018 sobakosan