蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

鉄道員/浅田次郎

*あらすじ*

 娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた…。映画化され大ヒットした表題作「鉄道員」はじめ「ラブ・レター」「角筈にて」「うらぼんえ」「オリヲン座からの招待状」など、珠玉の短篇8作品を収録。日本中、150万人を感涙の渦に巻き込んだ空前のベストセラー作品集にあらたな「あとがき」を加えた。第117回直木賞を受賞。

*お気に入り度*

☆☆

*感想*

 映画「オリヲン座からの招待状」がとっても素敵だったので原作を手にとってみましたが、当て外れでした。映画と小説では視点が少し違っていたし。それにしても、映画より原作の方が良いという場合が多いのに、役者さん(宮沢りえ、加瀬亮など)が良かったからかな ?とりあえず「鉄道員」も読んだけれど、こちらもイマイチ響かず。健さんの映画は見てないけれど、どうなのかな。まだ読んでいない他の短編はまた時間のあるときに。

 

 

#浅田次郎

© 2018 sobakosan