蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

小野寺の姉・小野寺の弟/西田征史

*あらすじ*

 早くに両親を亡くし一軒家でずっと一緒に暮らす、小野寺進(33)と小野寺より子(40)。お互いのことを心から思いやるあまり、不器用な言動ばかり出てしまう。ある日、そんな二人の元に誤配送の郵便が届く。その手紙を契機に弟と姉それぞれの恋と人生が動き始める。最注目のクリエイターが描き出す“ありがとうの香り”に包まれた、笑顔と涙の“姉弟の物語”。(BOOKデータベースより)

*お気に入り度*

☆☆☆☆

*感想*

 こんなにもお互いのことを思い遣る姉弟っているだろうか。小野寺の姉ちゃんの「ごめんね」の意味を感じて泣けました。二人それぞれ素敵な良きパートナーを見つけて、幸せになって欲しいなあ。いや配偶者を求めなくとも、赤毛のアンのマシュウとマリラのように生きるのも幸せなのかもしれないね。

 

 

#西田征史

© 2018 sobakosan