蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

流れ行く者: 守り人短編集 /上橋菜穂子

*あらすじ*

女用心棒バルサの十代の日々を描く短編集。

*お気に入り度*

☆☆☆☆☆

*感想*

 バルサとタンダの子供の頃のお話。 タンダがかわいい。そして、バルサの方が年上だったのね〜。

 あらためて、バルサの壮絶な少女時代を読んで、かわいそうだと思う気持ちもあるけれど、この修行時代があっての無敵な女用心棒なのねと納得。ジグロの厳しさの中にも感じる愛情に、過酷な状況にあってもバルサが素晴らしい大人に成長できた所以があるのだと思う。

 特に最後の「寒のふるまい」は本当に温かくて、シリーズを通して一番好きなお話。

 

 

#上橋菜穂子

© 2018 sobakosan