蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

森に眠る魚/角田光代

*あらすじ*

 東京の文教地区の町で出会った5人の母親。育児を通して心をかよわせるが、いつしかその関係性は変容していた。―あの人たちと離れればいい。なぜ私を置いてゆくの。そうだ、終わらせなきゃ。心の声は幾重にもせめぎ合い、それぞれが追いつめられてゆく。凄みある筆致で描きだした、現代に生きる母親たちの深い孤独と痛み。渾身の長編母子小説。

*お気に入り度*

☆☆

*感想*

 図書館で予約したいと思った理由が我ながら思い出せないが、私の好きではないママ友関係の話だった。子供を自分の所有物だと思ってしまうからこういうことが起こるのでは?と思う。多かれ少なかれ、大人は自分の人生に後悔する部分を持っていて、同じ過ちを子供に繰り返して欲しくない気持ちはわかるし、他人と比べるなんてつまらないと思いつつ比べてしまうのもわかる。でもやはり、自分というものをしっかり持たないと、人間関係を築いていくのが大変になる。振り回されてしまう。子供を自己肯定感を持てるように育てることが一番大事だと思う。

 

 

#角田光代

© 2018 sobakosan