蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

満願/米澤穂信

*あらすじ* 

ミステリー短編集。全6話。

『夜警』『死人宿』

『柘榴』『万灯』

『関守』『満願』

「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが…。鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる「死人宿」、美しき中学生姉妹による官能と戦慄の「柘榴」、ビジネスマンが最悪の状況に直面する息詰まる傑作「万灯」他、全六篇を収録。史上初めての三冠を達成したミステリー短篇集の金字塔。山本周五郎賞受賞。(「BOOK」データベースより)

*お気に入り度*

☆☆☆☆

 

*感想*

  米澤穂信さんの小説は初読みでした。たまたま見たNHKのドラマの原作だったのです。(満願、夜警、万灯)

   短編集だったのですが、どの作品も最後まで予測できない展開で、そしてそれがまた納得のいく結末で、とても面白かったです。

   単にミステリーというだけでなく、人の情念を感じられる物語で、グイグイ引き込まれていきます。

   中でも、油断して読んでいたせいで、『関守』は、えええーっ!そっかー!そりゃ、そう来るよねー!怖〜って、なってしまいました・笑

   米澤穂信さん、今まで全く知らない作家さんでしたが、他の作品も読んでみたくなりました。

 ちなみに、NHKのドラマもとても良かったので、機会があればNHKオンデマンドでどうぞ。

www.nhk.or.jp

 

 

#米澤穂信

© 2018 sobakosan