蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

虚空の旅人 /上橋菜穂子

*あらすじ*

 隣国サンガルの新王即位儀礼に招かれた新ヨゴ皇国皇太子チャグムと星読博士シュガは、“ナユーグル・ライタの目”と呼ばれる不思議な少女と出会った。海底の民に魂を奪われ、生贄になる運命のその少女の背後には、とてつもない陰謀が―。海の王国を舞台に、漂海民や国政を操る女たちが織り成す壮大なドラマ。シリーズを大河物語へと導くきっかけとなった第4弾。(「BOOK」データベースより)

*お気に入り度*

☆☆☆☆☆

*感想*

 今回はバルサではなくチャグムが主人公の物語。

 チャグムはまだ若いのに立派な皇太子になってきたわねえと、親戚のおばさんのような気持ちにさせられる。他の国との駆け引きだとかももちろんだけど、助けを求める魂を放ってはおけない優しい気持ちも持っていて惹きつけられる。星読み師のシュガとも良いコンビ。二人で力を合わせれば、平和で民主的な新ヨゴ皇国になること間違いなし!

 

 

#上橋菜穂子

© 2018 sobakosan