蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

通い猫アルフィーの奇跡/レイチェルウェルズ

*あらすじ*

 中見出し飼い主の老婦人を亡くし、ひとりぼっちになった猫アルフィー。帰る場所もなく空腹でさまよい続けたすえ、とある住宅地にたどり着いたアルフィーは、そこで“通い猫”として生きようと決める。だが訪ねた先の住民は揃いも揃って問題だらけ。世をすねた無職の男に育児疲れの主婦、デートDV被害者―そんな彼らに、いつしか1匹の小さな猫が奇跡を起こす!?全英絶賛、ハートフル猫物語。

*お気に入り度*

☆☆

*感想*

 物語が都合よく出来過ぎていて、感動はなかったなあ。猫目線なのは面白いんだけれど。「通い猫」はリスク分散できてハイレベルな安全を確保できるのだということにアルフィーと共に気づかされて、うちの箱入り娘(猫)のことを案じてしまいました。

 

 

#レイチェルウェルズ

© 2018 sobakosan