蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

かのこちゃんとマドレーヌ夫人/万城目学

*あらすじ*

 かのこちゃんは小学1年生の女の子。玄三郎はかのこちゃんの家の年老いた柴犬。マドレーヌ夫人は外国語を話せるアカトラの猫。ゲリラ豪雨が襲ったある日、玄三郎の犬小屋にマドレーヌ夫人が逃げこんできて…。元気なかのこちゃんの活躍、気高いマドレーヌ夫人の冒険、この世の不思議、うれしい出会い、いつか訪れる別れ。誰もが通り過ぎた日々が、キラキラした輝きとともに蘇り、やがて静かな余韻が心の奥底に染みわたる。(「BOOK」データベースより)

*お気に入り度*

☆☆☆☆☆

*感想*

 この物語に出てくる人間関係、人猫関係、猫猫関係、猫犬関係、犬犬関係、全てがとても素敵に描かれていて、心が温かくなりました。そして、小学1年生のかのこちゃんの日常は、なんだか懐かしい匂いがしました。私の"ふんけーの友"のことを思い出させてくれて。

 

 

#著者(検索用)

© 2018 sobakosan