蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

神の守り人〈上〉来訪編〈下〉帰還編/上橋菜穂子

*あらすじ*

 南北の対立を抱えるロタ王国。そんなロタ王国を揺るがす恐ろしい”力”を秘めた少女アスラを人買いの手から助けた女用心棒バルサ。対立する氏族をまとめるためにアスラを利用しようとする王家の呪術師や、”異界”からの流れからアスラの心と体を守れるのか。シリーズ第5作。

*お気に入り度*

☆☆☆☆☆

*感想*

 タンダの気持ちを思うと気の毒になるくらい、今回のバルサも痛そうだった。いくら彼女でもいよいよ生き延びることができないのでは?と思ったもの。 自分の子供時代を重ね、恐ろしい神の力を呼び寄せることができるようになったアスラを救おうと必死になるバルサ。最後、いつまでも目覚めないアスラへのバルサの言葉は、ジーンと心を打った。

 

 

#上橋菜穂子

© 2018 sobakosan