蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

本を守ろうとする猫の話/夏川草介

*あらすじ*

 亡くなった祖父の古書店の後を継いだ高校生男子。突然現れたしゃべる猫に振り回されつつも、成長していく物語。

*お気に入り度*

☆☆

*感想*

 親代わりだった祖父を突然亡くし、それを悲しむ間もなく、本を守りたいという喋る猫に振り回される古書店2代目の高校生男子。不思議な体験を通して大切なことに気づき前へ一歩前進する。この猫、おじいさんの霊?と思ってたんだけど、そうじゃあないのか。

 物語の発想は面白いけれど、少し文章がつまらないというか、引き込まれないというか、三流の映画を見ているような気分で、途中で読むのをやめようかどうしようか迷いつつなんとか読了。同じテーマで、小川洋子さんとか、吉田篤弘さんが書いたらきっともっと素敵な小説になると思う!

 

 

#夏川草介

© 2018 sobakosan