蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

はじめての「きくち体操」/菊池和子

*お気に入り度*

☆☆☆☆

*感想*

 きくち体操とはなんぞや?と思い手に取った本。タイトル通り、入門書。脳と体を連携させるための体操らしいです。「いくつになっても自分の足で歩くこと」を目標に、いくつからでも遅くない、がんばらない、体操。体全体を意識して、動かす、触る、感じる習慣をつけないと、体が衰えるのだそうです。使わない筋肉は衰えるし、それを司る脳も衰える、毎日、使っていなかった筋肉がないかチェックしないと!

  80代のきくち先生を拝見すると、この体操をやっておけば老後も元気でいられそうです。DVDも買ってしまいそう・笑

 

 

#菊池和子  

© 2018 sobakosan