蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

読書感想文

かのこちゃんとマドレーヌ夫人/万城目学

*あらすじ* かのこちゃんは小学1年生の女の子。玄三郎はかのこちゃんの家の年老いた柴犬。マドレーヌ夫人は外国語を話せるアカトラの猫。ゲリラ豪雨が襲ったある日、玄三郎の犬小屋にマドレーヌ夫人が逃げこんできて…。元気なかのこちゃんの活躍、気高いマ…

鉄道員/浅田次郎

*あらすじ* 娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた…。映画化され大ヒットした表題作「鉄道員」はじめ「ラブ・レター」「角筈にて」「うらぼんえ」「オリヲン座からの招待状」など、珠玉の短篇8作品を収録。日本中、150万人を感涙の渦に…

森に眠る魚/角田光代

*あらすじ* 東京の文教地区の町で出会った5人の母親。育児を通して心をかよわせるが、いつしかその関係性は変容していた。―あの人たちと離れればいい。なぜ私を置いてゆくの。そうだ、終わらせなきゃ。心の声は幾重にもせめぎ合い、それぞれが追いつめられ…

こちらあみ子/今村夏子

*あらすじ* あみ子は、少し風変わりな女の子。優しい父、一緒に登下校をしてくれ兄、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいる母、憧れの同級生のり君。純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応なしに変えていく過程を少女の無垢な視線で鮮やかに描き、独自…

グアテマラの弟/片桐はいり

*あらすじ* グアテマラの古都・アンティグアに家と仕事と家族を見つけた年子の弟。ある夏、姉は十三年ぶりに弟一家を訪ねる旅に出た。まばゆい太陽とラテンの文化で、どんどん心身がほぐれていく。そして陽気に逞しく暮らす人たちと過ごすうち心に浮かんだ…

わたしのマトカ/片桐はいり

*あらすじ* 北欧の国で出会ったのは薔薇色の頬をした温かい人たちだった。旅にまつわる名エッセイ。(「BOOK」データベースより) *お気に入り度* ☆☆☆☆ *感想* 映画「かもめ食堂」の撮影で行ったフィンランドの旅のエッセイ。片桐はいりさんの冒険ジャ…

ミレニアム4「蜘蛛の巣を払う女」/ダヴィドラーゲルクランツ

*あらすじ* またもや、リスベットとミカエルが新事件に巻き込まれる! *お気に入り度* ☆☆☆ *感想* ミレニアム123がとても面白くてお気に入りなのだけれど、作者が亡くなられていて続きが読めず、とても残念で仕方がなかった。4は違う作家なのでどうし…

ヒポクラテスの誓い/中山七里

*あらすじ* 浦和医大・法医学教室に「試用期間」として入った研修医の栂野真琴。彼女を出迎えたのは偏屈者の法医学の権威、光崎藤次郎教授と死体好きの外国人准教授・キャシーだった。凍死や事故死など、一見、事件性のない遺体を強引に解剖する光崎。「既…

© 2018 sobakosan