蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

☆☆☆☆☆

おるもすと(世田谷文学館)/吉田篤弘

*この本について* 世田谷文学館の開館20周年記念に出版されました。今では書籍には用いない、一文字ずつ活字を組みドイツ製の活版印刷機で印刷されたこだわりの本です。そのため、活版印刷の限界部数1400冊限定出版となっています。 おるもすと 【付…

ぼくを探しに/シルヴァスタイン

*あらすじ* 足りない「何か」をさがしに行く絵本。 *お気に入り度* ☆☆☆☆☆ *感想* この本との出会いは、私が中学を卒業した春でした。大親友だった女の子がプレゼントに送ってくれたのです。 彼女は成績は今ひとつだったようですが発想の豊かな文学少女…

おるもすと(講談社)/吉田篤弘

*あらすじ* 「こうもり」と呼ばれる男が主人公。自分はもうほとんどの事をやり終えてしまったと言い、あとは、自分の部屋から見下ろす墓地のしるし(墓)を数えることだけが未だ果たせていないと言う。 おるもすと 「おるもすと」の話のつづき 話のつづきの…

炎路を行く者: 守り人作品集/上橋菜穂子

*あらすじ* 『蒼路の旅人』、『天と地の守り人』に登場したタルシュ帝国の密偵ヒュウゴの少年時代を描いた「炎路の旅人」。そして、女用心棒バルサが養父ジグロと過酷な旅を続けながら成長していく少女時代を描いた「十五の我には」。 *お気に入り度* ☆☆…

流れ行く者: 守り人短編集 /上橋菜穂子

*あらすじ* 女用心棒バルサの十代の日々を描く短編集。 *お気に入り度* ☆☆☆☆☆ *感想* バルサとタンダの子供の頃のお話。 タンダがかわいい。そして、バルサの方が年上だったのね〜。 あらためて、バルサの壮絶な少女時代を読んで、かわいそうだと思う…

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編/上橋菜穂子

*あらすじ* ロタとカンバルがうごいた!北の諸国のうねりを背に、瀕死の故国へ帰還するチャグムに父との対決の時が迫る。緒戦の犠牲となったタンダの行方を必死に探し求めるバルサ。大地が揺れ、天変地異が起こるとき、金の鳥が空を舞い、地を這う人々の群…

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 /上橋菜穂子

*あらすじ* 再び共に旅することになったバルサとチャグム。かつてバルサに守られて生き延びた幼い少年は、苦難の中で、まぶしい脱皮を遂げていく。バルサの故郷カンバルの、美しくも厳しい自然。すでに王国の奥深くを蝕んでいた陰謀。そして、草兵として、…

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ/森下典子

*あらすじ* お茶を習うことを通して、決まりごとの中にある自由や、五感で味わう幸せを知る。2018年映画化。 *お気に入り度* ☆☆☆☆☆ *感想* 人生にはいろんなことが起こる。上手くいったりいかなかったり、嬉しかったり悲しかったり、天気の良い日…

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編/上橋菜穂子

*あらすじ* 大海原に身を投じたチャグム皇子を探して欲しい―密かな依頼を受けバルサはかすかな手がかりを追ってチャグムを探す困難な旅へ乗り出していく。刻一刻と迫るタルシュ帝国による侵略の波、ロタ王国の内側に潜む陰謀の影。そして、ゆるやかに巡り…

蒼路の旅人 /上橋菜穂子

*あらすじ* 生気溢れる若者に成長したチャグム皇太子は、祖父を助けるために、罠と知りつつ大海原に飛びだしていく。迫り来るタルシュ帝国の大波、海の王国サンガルの苦闘。遙か南の大陸へ、チャグムの旅が、いま始まる!―幼い日、バルサに救われた命を賭け…

神の守り人〈上〉来訪編〈下〉帰還編/上橋菜穂子

*あらすじ* 南北の対立を抱えるロタ王国。そんなロタ王国を揺るがす恐ろしい”力”を秘めた少女アスラを人買いの手から助けた女用心棒バルサ。対立する氏族をまとめるためにアスラを利用しようとする王家の呪術師や、”異界”からの流れからアスラの心と体を守…

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の大百科事典/向山貴彦 たかしまてつお

*あらすじ* 長い英文にもひるまない方法、完了形が楽に読める方法、一枚の絵だけで難しい動詞を覚える方法…いくら説明されても分からなかった難しい内容があっさり分かる、あらゆる「英語のひみつ」が詰まっています!(「BOOK」データベースより) *お気…

虚空の旅人 /上橋菜穂子

*あらすじ* 隣国サンガルの新王即位儀礼に招かれた新ヨゴ皇国皇太子チャグムと星読博士シュガは、“ナユーグル・ライタの目”と呼ばれる不思議な少女と出会った。海底の民に魂を奪われ、生贄になる運命のその少女の背後には、とてつもない陰謀が―。海の王国…

夢の守り人 /上橋菜穂子

*あらすじ* 人の夢を糧とする異界の“花”に囚われ、人鬼と化したタンダ。女用心棒バルサは幼な馴染を救うため、命を賭ける。心の絆は“花”の魔力に打ち克てるのか?開花の時を迎えた“花”は、その力を増していく。不可思議な歌で人の心をとろけさせる放浪の歌…

闇の守り人/上橋菜穂子

*あらすじ* 女用心棒バルサは、25年ぶりに生まれ故郷に戻ってきた。おのれの人生のすべてを捨てて自分を守り育ててくれた、養父ジグロの汚名を晴らすために。短槍に刻まれた模様を頼りに、雪の峰々の底に広がる洞窟を抜けていく彼女を出迎えたのは―。バル…

精霊の守り人/上橋菜穂子

*あらすじ* 老練な女用心棒バルサは、新ヨゴ皇国の二ノ妃から皇子チャグムを託される。精霊の卵を宿した息子を疎み、父帝が差し向けてくる刺客や、異界の魔物から幼いチャグムを守るため、バルサは身体を張って戦い続ける。(「BOOK」データベースより) …

かのこちゃんとマドレーヌ夫人/万城目学

*あらすじ* かのこちゃんは小学1年生の女の子。玄三郎はかのこちゃんの家の年老いた柴犬。マドレーヌ夫人は外国語を話せるアカトラの猫。ゲリラ豪雨が襲ったある日、玄三郎の犬小屋にマドレーヌ夫人が逃げこんできて…。元気なかのこちゃんの活躍、気高いマ…

© 2018 sobakosan