蕎麦子さんの栞

読書感想文と本にまつわるあれこれ。

☆☆

本を守ろうとする猫の話/夏川草介

*あらすじ* 亡くなった祖父の古書店の後を継いだ高校生男子。突然現れたしゃべる猫に振り回されつつも、成長していく物語。 *お気に入り度* ☆☆ *感想* 親代わりだった祖父を突然亡くし、それを悲しむ間もなく、本を守りたいという喋る猫に振り回される…

通い猫アルフィーの奇跡/レイチェルウェルズ

*あらすじ* 中見出し飼い主の老婦人を亡くし、ひとりぼっちになった猫アルフィー。帰る場所もなく空腹でさまよい続けたすえ、とある住宅地にたどり着いたアルフィーは、そこで“通い猫”として生きようと決める。だが訪ねた先の住民は揃いも揃って問題だらけ…

鉄道員/浅田次郎

*あらすじ* 娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた…。映画化され大ヒットした表題作「鉄道員」はじめ「ラブ・レター」「角筈にて」「うらぼんえ」「オリヲン座からの招待状」など、珠玉の短篇8作品を収録。日本中、150万人を感涙の渦に…

森に眠る魚/角田光代

*あらすじ* 東京の文教地区の町で出会った5人の母親。育児を通して心をかよわせるが、いつしかその関係性は変容していた。―あの人たちと離れればいい。なぜ私を置いてゆくの。そうだ、終わらせなきゃ。心の声は幾重にもせめぎ合い、それぞれが追いつめられ…

© 2018 sobakosan